紺碧の艦隊 第21話 超弩級空母建御雷出撃す

40分
2022年3月31日00時00分まで配信


荒巻義雄原作の戦記シミュレーション小説のOVA化作品
山本五十六が生まれ変わり、歴史を変える爽快作!

menu_book
  ストーリー/見どころ
紺碧艦隊・紅玉艦隊の共同作戦により、印度洋のUボートは次々と沈められていく。しかし、陸上では印度戦線のロンメル軍団が着々と印度亜大陸を蝕み、英印軍を壊滅寸前にまで追い込んでいた。その頃、米国では、第三帝国軍によるホワイトハウス空爆、マッカーサーら3将軍による無血クーデターなどの動きによって、トルーマン大統領失脚の気配が濃厚となり、それによって高杉太平洋艦隊をハワイから引き上げ、印度洋へと向かわせることになる。同時に、その高杉艦隊の旗艦として合流すべく陸奥湾より出撃したのは、後世日本海軍の総力を結集して作り上げた新鋭戦略空母「建御雷」であった!
(C)荒巻義雄・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ

group
  キャスト・スタッフ
【声の出演】大高弥三郎:本譲
高野五十六:屋良有作
前原一征:田中秀幸
ヒトラー:沢木郁也
ナレーション:麦人
ほか
原作荒巻義雄(『紺碧の艦隊』徳間書店刊)
原作協力中央公論新社(荒巻義雄『旭日の艦隊』)
監督神田武幸、又野弘道