空手バカ一代

91分
2021年8月01日00時00分まで配信


梶原一騎・つのだじろうの劇画を映画化した1977年作品
大山倍達の波乱に富んだ半生を演ずるは、我らがサニー千葉ちゃん!

menu_book
  ストーリー/見どころ
時代は昭和30年代、猛牛を一撃で殺し、熊にまで挑戦した大山倍達の凄まじい破壊力を恐れた日本の空手界は、彼を“ケンカ空手”“売名家”と決めつけ、破門した。そんな大山に目をつけたプロモーターが大山に、沖縄にわたってプロレスの試合を行うよう勧める。 借金に苦しめられていた大山はやむなく承諾、同行者に、これまた金に困っていた講道館の鬼・藤田修造六段がいた。プロモーターは二人をグレート・山下と名乗るプロレスラーに紹介した。山下は沖縄のG1相手に“悪役”の異名を持つショーマンだった。 巨漢レスラー相手に善戦した二人だったが、反則がとびだすや、藤田が血を吹いて倒れた。怒った大山は相手の一人の目を突いた。大山の活躍とはうらはらに、興行者や外人観客は怒り、試合はめちゃめちゃになった。山下らは金儲けのために対日感情を利用して八百長試合をしていたのだった。 契約違反に問われた二人は興行を続けるハメに陥り、その都度、横暴な外人プロレスラー相手に怒りをぶちまけ続け、その結果、沖縄の興行を牛耳っている暗黒組織のボスから命を狙われるようになるのだった・・・。
1977年製作

group
  キャスト・スタッフ
出演大山倍達:千葉真一
麗子:夏樹陽子
グレート山下:室田日出男
滝村:志賀勝
与那島剛造:石橋雅史
ほか
原作梶原一騎、影丸譲也
監督山口和彦
脚本掛札昌祐