紺碧の艦隊 第18話 殲滅独逸水中襲撃艦隊

40分
2022年2月01日00時00分まで配信


荒巻義雄原作の戦記シミュレーション小説のOVA化作品
山本五十六が生まれ変わり、歴史を変える爽快作!

menu_book
  ストーリー/見どころ
日本海軍が築こうとしている秘密基地の建築資材を積んだ輸送船団は印度洋を行く。東光率いる対潜駆逐艦隊がそれを護衛するが、駆逐艦「山波」にて水兵が吸っていた煙草の光に、独潜水艦隊司令長官・ブルークシュ大佐が気付いてしまう。息詰まる対潜哨戒と暗号傍受作戦の結果、護衛艦隊司令官・東郷は敵潜隊の陣形を逆楔形の鶴翼の陣と推測し、ある秘策を立てる。川中島の合戦で上杉謙信が、鶴翼の陣を取る武田信玄に対抗したという「車懸かり」の戦法である。東郷艦隊は、敵潜水艦群が逆三角形に展開する罠のなかに自ら突入した。罠に掛かったと思わせてその裏を掻くというその作戦とは!?
(C)荒巻義雄・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ

group
  キャスト・スタッフ
【声の出演】大高弥三郎:本譲
高野五十六:屋良有作
前原一征:田中秀幸
ヒトラー:沢木郁也
ナレーション:麦人
ほか
原作荒巻義雄(『紺碧の艦隊』徳間書店刊)
原作協力中央公論新社(荒巻義雄『旭日の艦隊』)
監督神田武幸、又野弘道