キャプテンウルトラ 第1話

26分
2021年8月01日00時00分まで配信


「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」とともにTBS系で放映されたウルトラシリーズの傑作!

「キャプテンウルトラ」は、「ウルトラマン」の後継番組として1967年(昭和42年)4月から9月にかけて放映された“ウルトラシリーズ”中で唯一東映が制作を担当した作品である。
(後続番組は「ウルトラセブン」)日本初のスペースオペラと称される本作は、精緻なミニチュアとセットで作り出された宇宙空間に展開するドラマ性豊かなストーリーとスケールの大きさで子供たちを熱狂させた。全24話は、バンデル星人との戦いを描いた前半12話までの「バンデル星人篇」と様々な怪獣が登場する13話以降の「怪獣ぞくぞく篇」で構成され、キャプテンたちが宇宙空間の無限ゾーンに到達し、第二の地球を築くことを決意する最終話は、特撮史に残るエピソードとして評価されている。

menu_book
  ストーリー/見どころ
火星のゲルネ鉱山に向けて航行する輸送船団の船内に奇怪な異星人が出現。SOSをキャッチしたキャプテンウルトラが救出に向かった。異星人は太陽系外から飛来したバンデル星人であった。戦いを挑むキャプテンの前に巨大怪獣バンデラーが立ちはだかる。
1967年製作

group
  キャスト・スタッフ
【声の出演】キャプテンウルトラ[本郷武彦](中田博久)
キケロのジョー(小林稔侍)
ロボットハック(佐川二郎)
アカネ(城野ゆき)
ムナトモ博士(伊沢一郎)
ケンジ(安中 滋)
ナレーション(室田日出男・桑原 毅・家弓家正)
ほか
監修都築道夫・光瀬 龍
企画平山 亨・植田泰治・熊谷国雄
脚本高久 進
監督佐藤 肇・加島 昭・竹本弘一・山田 稔・田口勝彦・冨田義治