紺碧の艦隊 第11話 新装紺碧艦隊出撃

40分
2021年11月01日00時00分まで配信


荒巻義雄原作の戦記シミュレーション小説のOVA化作品
山本五十六が生まれ変わり、歴史を変える爽快作!

menu_book
  ストーリー/見どころ
照和20年8月15日、前世での敗戦日を境として後世世界での戦況は新たな局面に突入していた。独第三帝国に宣戦を布告し、ニュルンベルクの原爆工場破壊を成功させた後世日本は、それをきっかけに日英同盟を復活させ、英国と協調するため、新たに戦役に就いた超戦艦・日本武尊を援英派遣艦隊・旭日艦隊の旗艦として出港させた。目標は第三帝国の中東進出の要であり、既に独軍に要塞化されているマダガスカル島。同じ頃、南樺太の大泊にある秘密地中港では、装備を一新させ、新型噴進弾を搭載した紺碧艦隊が、その作戦に呼応してマダガスカル島へと向かうべく出港の準備を急いでいた…。
(C)荒巻義雄・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ

group
  キャスト・スタッフ
【声の出演】大高弥三郎:本譲
高野五十六:屋良有作
前原一征:田中秀幸
ヒトラー:沢木郁也
ナレーション:麦人
ほか
原作荒巻義雄(『紺碧の艦隊』徳間書店刊)
原作協力中央公論新社(荒巻義雄『旭日の艦隊』)
監督監督:神田武幸、又野弘道