紺碧の艦隊 第30話 赤道大海戦

40分
2022年7月31日00時00分まで配信


荒巻義雄原作の戦記シミュレーション小説のOVA化作品
山本五十六が生まれ変わり、歴史を変える爽快作!

menu_book
  ストーリー/見どころ
独・英・米ブレスト休戦協定によって世界がかりそめの平和を営んでいる状況下、東シベリア共和国の成立、満州新国家建設への動きなど、日独の蒙古決戦を睨んだ大高の壮大な構想は着々と実を結びつつあった。一方、神聖欧州帝国皇帝ヒトラーは、念願の戦略ライン「鉄十字の鎌」を完成させて大西洋を掌握しようと、遂に南米大陸攻略に乗り出す。それを阻止すべく米機動艦隊が南下するが、南大西洋には、ヒトラーによって送り込まれた独地中海艦隊が待ち受けていた。両者は激突、大海戦が繰り広げられ、紺碧艦隊にも出撃命令が下った。赤道直下の灼熱の海で、いよいよ日独決戦の幕が上がる!
(C)荒巻義雄・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ

group
  キャスト・スタッフ
【声の出演】大高弥三郎:本譲
高野五十六:屋良有作
前原一征:田中秀幸
ヒトラー:沢木郁也
ナレーション:麦人
ほか
原作荒巻義雄(『紺碧の艦隊』徳間書店刊)
原作協力中央公論新社(荒巻義雄『旭日の艦隊』)
監督神田武幸、又野弘道